沖縄のコミュニティFM

阪神、東日本大震災など、災害時の活躍をクローズアップされるコミュニティラジオですが、その地方の生の声を聞くことができるとても面白いメディアです。特に沖縄では県内各地で立ち上げられ、それぞれ特徴のある放送を行っています。沖縄以外でもサイマルラジオリスラジ、各放送局の公式アプリなどで、ネットやスマホから聴くことができますので、ぜひ沖縄の生の声をお聞きください。
※視聴できるサイトやアプリについては、各放送局のホームページでご確認ください。

沖縄のコミュニティFM一覧(順不同)

平和なくらしのつくりかた

4月20日、21日の二日間にわたり、沖縄を知るトーク×ライブ×展示がアースデイ東京2019で行われます。

アースデイ東京2019 One Peace Okinawa企画 平和なくらしのつくりかた

https://www.facebook.com/events/335218750460385/

今年も“地球のことを考えて行動する日”であるアースデイに、“平和について考え行動するきっかけ”の種まきをします。

「平和なくらしのつくりかた〜沖縄から問われる民主主義〜」をテーマに展示やトークを行います。安心安全に暮らしたいと願う、当然の権利が守られていない沖縄。政府は軍事拡大や辺野古新基地建設を強行しています。憲法や民主主義に加え、「私たちの納めた税金の使われ方」という視点からも、沖縄の問題を私たちみんなに関わるジブンゴトとして一緒に考えませんか?

2日間を通して、多彩なトーク&ライブ、各団体の出展、支援グッズや沖縄物産品、書籍の販売、チャリティセラピー等を企画しています。Earth Day《地球のことを考え行動する日》を代々木公園でともに過ごしましょう!
ぜひご予定ください。

FoE Japan【署名】民主主義とサンゴ礁の海を守ろう!

アースデイ東京にも参加する国際環境NGO FoE Japanが中心となって活動している「辺野古・高江」キャンペーンで署名が始まりました。日米両政府に訴える民主主義と沖縄のサンゴ礁を守ろうとする署名に参加してください。

詳細、署名は
FoE Japan「辺野古を守ろう!」プロジェクトホームページ

「辺野古を守ろう!」プロジェクト

民主主義とサンゴ礁の海を守ろう! 沖縄・辺野古米軍基地建設の速やかな中止を
(署名要旨)
・世界でも有数の生物多様性をほこる海がうめたてられようとしている。
・大浦湾には超軟弱地盤があり、工事がいつ終わるか、総事業費がいくらかもわからない。
・辺野古新基地反対の沖縄の民意は何度も示されてきた。最近の県民投票では 72% が反対に投票。
・「普天間基地移設」というのは誤り。普天間基地は、無条件で返還されるべき。

(署名宛先)
内閣総理大臣 安倍晋三 様
防衛大臣 岩屋 毅 様
アメリカ合衆国大統領 ドナルド・トランプ様
アダム・スミス 米国下院軍事委員会委員長 様
ジェームズ・インホフ米国上院軍事委員会委員長 様

呼びかけ団体:辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク
FoE Japan
Friends of the Earth U.S.

Earth Day 1970 CBS News

1970年に米国で行われた、はじめてのアースデイを報道したCBSニュースです。話題になったのでしょう、各地を取材した13のパートがあります。1967年のサマー・オブ・ラブ、1968年のパリ5月革命やシカゴ・セブンに続いて始まったアースデイですが、やはりデモや学生集会(ティーチ・イン)がメインだったようです。

アースデイ1970:歴史のはじまりもご一読ください。

グーグル ドゥードゥルとアースデイ

色々な記念日に「Google」のロゴが変わるGoogle Doodle(グーグル ドゥードゥル)。アースデイのロゴがはじめて登場したのが2001年でした。Google Doodleはアースデイの広まりに大きく貢献しました。

昨年、2018年はチンパンジーの研究で世界的に有名な動物行動学者ジェーン・グドール博士のビデオでした。今年も楽しいロゴを作ってくれるに違いありません。

注:Googleを宣伝する記事ではありません。

沖縄特集2019 ②沖縄辺野古の環境ニュース

今年の米軍新基地建設による環境破壊の近況ニュース(新聞報道)をセレクトしました。

ジュゴン

2019年3月19日 共同通信
沖縄に絶滅危惧ジュゴンの死骸 今帰仁村の沖合で漂流
https://this.kiji.is/480608916171080801

2019年3月20日 琉球新報
3頭しかいないジュゴンの1頭が死んだ 残る2頭は辺野古の海上工事着工後、行方不明
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-891250.html

2019年3月20日 沖縄タイムス
『絶滅危惧のジュゴン さらに危機的状況に 残り2頭も消息不明 環境団体「辺野古工事の影響か」』
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/398596

2019年3月23日 沖縄タイムス
ジュゴンが死んだ…米の自然保護12団体、辺野古工事の一時中止求める 下院に書簡
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/399058

2018年4月20日 琉球新報
『ジュゴン食み跡なし 新基地工事後の辺野古沖』
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-704170.html

サンゴ

2019年1月8日 琉球新報
『辺野古埋め立て 首相が「あそこのサンゴは移植」と発言したが…実際は土砂投入海域の移植はゼロ』
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-858199.html

2019年4月4日 朝日新聞
『辺野古サンゴ2基、識者「移植必要」国「基準満たさず」』
https://www.asahi.com/articles/ASM4177Q2M41TLZU005.html

沖縄特集2019 ①シンポジウム「沖縄県民投票を受けて」

特集のひとつ目は、辺野古県民投票の会元代表の元山仁士郎さんや、おなじみ津田大介さんも参加するシンポジウム「沖縄県民投票を受けて」。この4月12日(土)に東京藝術大学で行われるイベントは、エコロジー(生態学)含む学問や文化、芸術の問題としてとらえ、議論を深めようとするものです。一般の人も参加できます。予約不要/先着順です。ぜひご参加ください。

シンポジウム「沖縄県民投票を受けて」

2019年2月24日、沖縄県で「普天間飛行場の代替施設として国が名護市辺野古に計画している米軍基地建設のための埋立てに対する賛否についての県民による投票」が行われ、52.5%の有権者が投票し、「反対」71.7%、「賛成」19.0%、「どちらでもない」8.7%という結果となりました。この結果を受けて政府は「真摯に受け止める」としたものの、投票翌日以降も新基地建設の工事を続行し続けています。

この状況をどのように理解すればいいのでしょうか。なによりも気になるのは、本土(東京)と沖縄の圧倒的な温度差です。沖縄県では連日この問題が大きく報じられているにもかかわらず、本土のメディアの反応は鈍く、県民投票の前後こそ一定の報道があったものの、その後断片的報道が行われるだけで、反対票を投じた70%以上の沖縄の人々の思いは受け止められることなく、基地によって生じている県民の分断を始めとするさまざまな問題は解決されずあたかも放置されたままです。

こうした問題は、単に政治の問題ではありません。文化や芸術の表現にかかわる私たちにとっても重要な問題を提起しています。人々の民意はどのように表現され、どのように伝えられ、どのように受け入れられるのでしょうか。沖縄と本土との対立はなぜ生まれてしまうのでしょうか。どのようにして議論の場を作ればいいのでしょうか。これを解決する方法はないのでしょうか。

本シンポジウムはこうしたことを議論する出発点として、「今回の沖縄県民投票とはなんだったのか」を検証します。登壇者には、辺野古県民投票の会元代表の元山仁士郎さん、選挙ライターの宮原ジェフリーさん、沖縄出身で、県民投票当日の状況を実際に見てきた本学の居原田遥さんの三人をお招きし、あらためて沖縄県民投票とはなんだったのか、沖縄で何が起きているのかを報告してもらいます。またその報告を受けて、ジャーナリストであいちトリエンナーレ2019ディレクターの津田大介さん、早稲田大学教授でメディア研究を専門とする伊藤守さんにディスカッサントとして議論に参加してもらいます。

今回のシンポジウムがさまざまな意見を交わす機会となることを期待しています。沖縄県民投票に関心のある方はもちろんですが、これまであまり関心のなかった人もこれを機会に参加していろいろと議論ができればと考えています。ぜひご参加ください。

日時:4/13(土)13:30〜16:00 (13:00 開場)
会場: 東京藝術大学上野キャンパス 美術学部中央棟第一講義室
主催: 東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科毛利嘉孝研究室
予約不要、先着順
詳細:http://ga.geidai.ac.jp/2019/04/01/sympo_henoko/

司会:
毛利嘉孝(東京藝術大学)

報告者:
居原田遥(東京藝術大学)
宮原ジェフリー(フリーランスキュレーター/選挙ライター)
元山仁士郎(「辺野古」県民投票の会 元代表/一橋大学大学院)

ディスカッサント:
津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティヴィスト)
伊藤守(早稲田大学)

アースデイJPサイト更新のお知らせ

2003年に開設したアースデイJPサイトですが、CMSシステムが古くなりアップデートも困難になってきましたので、システムを変更して、リニューアルいたしました。これまで、ご利用、アースデイ情報や記事を投稿していただいたみなさま、ありがとうございます。リニューアルに伴い、 会員登録されていた皆様の登録情報などはリセットすることになりますが、ご理解ください。現在、ユーザー登録や記事の投稿は出来ませんが、 今後、構築を進めて内容も充実させていきますので、今後ともよろしくお願い致します。

現在、2019年のアースデイ情報を受け付けています。
登録フォームから情報を投稿してください。

過去の記事はWebArchiveサイトでご覧いただけます。